PUNE, India, January 30, 2018 –  

EDBのアジア太平洋地域・日本セールス担当副社長であるGraham Pullenは、次のように述べています。「Infosys Finacleは、銀行が顧客との関わりを深め、業務効率の改善を実現できるように最新化を支援しています。EDB PostgresとともにFinacleを導入することで、銀行顧客の柔軟性を高め、革新的な機能を加速しながら競争上の地位を強化することができます」

フィナクル・コア・バンキング・ソリューションは、94カ国の銀行によって利用され、8億4800万人以上の顧客にサービスを提供する、統合されたバンキングソリューションです。Infosys FinacleはEDBと提携し、Finacleソリューションをオープンスタックに移行して、顧客にエンタープライズクラスのオープンソース・データベースを提供しました。EDBは、マルチモデルデータを管理し、既存のシステムに接続して、複合環境に渡って速やかに展開するのに不可欠な、企業向け各種機能を提供する、テストを経て実績のあるデータベースを備えた、エンタープライズPostgresのリーダーです。複数のFinacleモジュールが既にEDB Postgresに移行済で、アジアの金融機関に導入されています。

「銀行などの競争の激しい業界では、差別化が不可欠です。そのため、革新性、柔軟性、効率性を高めるソリューションが求められています」と、Infosys Finacleの副社長兼製品アーキテクト責任者であるDeepak N Hoshing氏は述べています。「オープンソーススタックにとって不可欠なパートナーであるEDB Postgresを利用することで、お客様は非常に迅速で効率的なソリューションを採用することができます」 

EDB Postgresの詳細やEDBの独立系ソフトウェアベンダーのサポートについては、sales@edbpostgres.comにお問い合わせください。