PostGIS

データベースサーバーを空間的に使用できるようにする、Postgresのオープンソース拡張。

EDB PostgresプラットフォームのコンポーネントであるPostGISは、地理的オブジェクトのサポートを追加するPostgreSQLオブジェクトリレーショナルデータベースのオープンソースの拡張で、ユーザーはロケーションクエリをSQLで実行できます。空間的なオブジェクトと機能が提供されるため、位置情報およびマッピング情報の保存と照会が可能です。

Once connected through EDB Postgres, PostGIS assumes the native features of the database deployment, and can take advantage of the power of the underlying database system—scalability, ACID compliance, rules, triggers, partial indexes, materialised views, partitioning, multiple table spaces, multi-layer security, etc.

地球のグラフィック

機能

PostGISの機能は次のとおりです。

 
データインのアイコン

データのインポート

デスクトップGISから新規または既存のテーブルへ

境界のアイコン

境界とバッファ

一般的な空間定義を簡単に作成

データアウトのアイコン

データの返却

単一の関数呼び出しで与えられた半径に対して

データ型

PostGISには4つの主な空間データ型があります。

  •  

    直交座標系を使用するフラットアースの幾何学

  •  

    特に世界中からデータを収集する組織にとって有用なラウンドアースの地理

  •  

    各セルに、ベクターデータに追加のコンテキストを提供する値を含めることのできる、ラスタータイプ

  •  

    ベクトルフィーチャーの現実世界のルールをモデル化するためのトポロジータイプ

空間データ型のグラフィック