EDB Postgres Replication Server

Postgresのデータリプリケーション

EDB PostgresプラットフォームのコンポーネントであるEDB Postgresリプリケーションサーバー(EPRS)は、シングルマスタモードまたはマルチマスタモードのPostgresデータベース間、またはPostgres以外のデータベースからシングルマスタモードのPostgresに複製する堅牢なデータプラットフォームを提供します。

EPRSはグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)により、以下の機能を提供します。

  •  

    地理的ロードバランシング

  •  

    簡素化されたリアルタイムマイグレーション

  •  

    異種データの統合

  •  

    迅速なログベースのリプリケーション

  •  

    テーブルのサブセットリプリケーション

  •  

    テーブルデータのフィルタリング

  •  

    リプリケーションのスケジュール設定

サーバーのリプリケーションのグラフィック

マルチマスターレプリケーション

Graphic of multiple master servers

EDB Postgresリプリケーションサーバーを使用すると、地理的に分散したPostgresデータを管理でき、あらゆる場所で高速の読み取りおよび書き込みアクセスも実現します。複数のマスターのデータは安全に保護されており、いずれのマスターにもほぼ即座にアクセスできます。障害が発生した場合、クエリは別のマスターまたはレプリカにリダイレクトできます。

EPRSはPostgreSQLのロジカルデコーディングをベースにしており、トリガーを使用する代わりに、ログ先行書き込み(WAL)からリプリケーションに関連する変更を抽出できます。これにより、パブリケーションデータベースのオーバーヘッドがなくなり、レイテンシーが大幅に短縮されます。

OracleやSQL Serverからのリプリケーションだけでなく、EDB Postgres Advanced ServerPostgreSQLの以前のバージョンからのリプリケーションもトリガーベースでリプリケーションが実行されます。

データ更新の競合が発生した場合、EPRSは競合解決を提供し、データの不整合を防ぎます。

SQLサーバーまたはOracle®から、Postgresへのリプリケーション

EDB Postgresリプリケーションサーバーでは、PostgresとOracleの間、またはPostgresとSQLサーバーの間で、シングルマスターリプリケーションが可能です。コンフィグレーション(環境設定)は、PostgreSQL、およびEDB Postgres Advanced Serverに対応しています。

リモート(遠隔)のデータソースとの間でリプリケーションを実行する場合は、EPRSにより、データフェデレーション(認証連携)の1つの機能として、リモートデータベース内で特定のデータにアクセスできるようになります。

異機種環境でリモートデータベースから複製する場合、レポート用の読み取りレプリカを追加できます。これにより、Oracle Active Data Guardなどのアドオンのライセンス費用を削減または排除できます。

Oracleとのリプリケーションのグラフィック

EDB Postgresリプリケーションサーバーの利点

以下は、Slony、BDR、pgLogicalなどの他のソリューションではなく、EPRSを選択すべき理由のほんの一部です。

  •  

    マルチマスターレプリケーション

  •  

    迅速なログベースのリプリケーション

  •  

    シングルマスターリプリケーション

  •  

    データのサブセットのリプリケーション

  •  

    高度な競合検出

  •  

    OracleまたはSQL Serverとの統合

  •  

    容易な構成と管理

  •  

    グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)