EDB Postgres on Kubernetes

KubernetesでオーケストレーションしたクラウドネイティブのPostgres。

KubernetesにPostgresをデプロイする正しい方法

データベースの高可用性を実現するようにコンテナを設計する必要があるため、Kubernetesにデータベースをデプロイするのは複雑です。Kubernetes上のEDB Postgresは、スケーリング、フェイルオーバー、災害復旧、および管理を簡素化することでこの課題を解決します。アプリケーション開発者はCI/CDパイプラインにEDBを追加でき、管理者はどこでも同じPostgresを使用できます。

 

可搬性

パブリックまたはプライベートのcloudで実行

 

効率性

システムレベルのオーバーヘッドを削減

 

管理の容易性

大きな規模でアプリケーションを管理

複雑さを排除したコンテナパッケージング

 

HA(高可用性)のデータ管理コンテナ

このコンテナには、EDB Postgres Advanced ServerとEDB Postgres Failover Manager(EFM)が含まれています。また、ユーザーはKubernetesを使用してマスターコンテナの複数のレプリカをスピンアップすることもできます。これにより、マスターコンテナに障害が発生した場合、いずれかのレプリカが自動的に引き継ぐことができます。

 

データベース管理コンテナ

このコンテナにパッケージされているPostgres Enterprise Manager® (PEM)を使用すれば、パフォーマンスやステータスのデータを集めてデータベースを監視することができます。データはダッシュボードに表示されたり、アラートの必要性を判断するために分析されたりします。こうしたアラートは、オペレータまたは他のエンタープライズレベルの管理システムに中継することができます。

 

ディザスタリカバリコンテナ

このコンテナには、複数の様々なコンテナにデータベースをバックアップできるEDB Postgres Backup and Recovery Tool(BART)が含まれています。BARTを有効にすることで複数のデプロイメントを監視できます。

 

読み取りスケーリングコンテナ

このコンテナはpgPoolを使用してクエリールーティングとコネクションプーリングを実現します。このコンテナの利点は、読み取りアクティビティのスケーリングにあります。pgPoolがロードバランサーの機能を果たし、クエリーをレプリカのデータベースにルーティングします。このコンテナは他のコンテナの前に配置され、データベースコンテナとは別に単独でスケーリングできます。

ハイライト

  •  

    ネイティブDockerコンテナ

  •  

    高度な可用性と拡張性

  •  

    Red Hat OpenShift、Google Kubernetes Engine、標準Kubernetesでサポート