The EDB Blog
October 25, 2017

仮想マシンは、データセンターの、最も普及した展開モデルであり、そのシェアは99%に上ります。かつての画期的なアイデアが、データセンター導入のベストプラクティスの基準に形を変えてきました。仮想化は、非常に堅固で高い信頼性を誇る上、巧妙に確立され、理解を得たテクノロジーへと進化しました。そして、今日のcloud導入の最大の成長は、実際にはまだ仮想マシンの中にあります。しかし、その状況は変化しつつあります。

パブリックcloudとオンプレミスの展開という点で、コンテナに対する今日の大きな関心は無視できません。そこには、多くの新しいアプリケーション、多くの実験、そして多くの開発サポート、つまりイノベーションの種があるのです。現在のところは、プロダクション用途に比べて、開発/テストへの関心が高まっていますが、プロダクションの分野こそ、最速の成長を確実に期待できると考えています。

当時、仮想マシンの魅力は、新しいハードウェアにアプリケーションを非常に簡単に導入できるようにしたことです。仮想マシンは、ハードウェアの違いからアプリケーションを分離し、アプリケーションの移動と展開をベアメタル上よりも効率化しました。しかし、コンテナはこの導入の容易をさらに上のレベルで取り入れました。コンテナの保証は、仮想化よりもはるかに少ないオーバーヘッドで、導入をさらに高速化し、柔軟性を高め、既存のハードウェアに導入できるアプリケーションの密度をさらに高めることです。kono

この導入の容易さは、コンテナを作成する単純さの部分から始まります。コンテナをマシン上に置き、それをオンにすることに要する時間は、文字通り1秒未満です。仮想マシンはより堅牢ですが、設定にはかなりの時間を要します。それはより大きく、より遅く、より扱いにくく、インストールと開始にしばしば10-15分程かかってしまいます。対照的に、コンテナは1秒以下で展開されます。コンテナの市場シェアは依然として比較的低いものの、導入が容易であることから多くの関心が寄せられています。

これまでのコンテナの採用のほとんどは、新しいアプリケーションのアジャイル導入が不可欠なDevOps環境で発生しています。コンテナは、開発環境や生産前環境に非常に有利ですが、生産環境でのコンテナの成長は避けられません。コンテナは、マイクロサービスを実装する理想的な方法であることが証明されつつあるため、ビジネスプロセスへの影響も明らかになりつつあります。

従来のサービス指向アーキテクチャでは、関連するアプリケーションにすべてのサービスを提供するデータベースが1つあります。売上債権、買掛金、CRM情報、現在の注文、過去の注文、出荷 — これは、一般的に1つの大きなデータベースに存在する情報のタイプです。また、この設計は、依然としてデータベースの比較的標準的な動作モードです。しかし、この従来のアーキテクチャでは、新しい機能が導入されるたびに大規模なデータベースの新しいバージョンを導入する必要があります。その後、債権、債務、およびデータベースの他のすべてのサービスをテストして、プロセスで何も破壊されていないことを確認する必要があります。これは非常に難しく、また非常な制限を伴います。ビジネスが積極的に取引されている場合、導入はできません。また、月末または四半期の終わりには、確実に実行できません。しかし、マイクロサービスアーキテクチャでは、小さな部品だけを停止して起動し、すぐに再ロードし、さらに迅速に展開する必要があります。小規模なサービスを利用し、1つのことだけを行う小さなデータベースを1つ更新することで、データベースのアップグレードを短時間で、中断することなく行うことができます。その将来性を想像してみてください!

EnterpriseDB®(EDB™)は、顧客がさまざまな方法でコンテナやマイクロサービスを継承するのに役立ちます。まず、EDB Postgres™Platformはコンテナとして利用できます。EDBは、Red Hatと密接に動作し、Red Hat Container Repository用の2つのLinuxコンテナのセットを証明しました。1つのコンテナは、EDB Postgres™Advanced Server 9.5データベース、EDB Postgres™ Failover Manager、およびロードバランシング用のpgPoolで事前設定されています。EDB Postgres Platform用のこのコンテナにより、データベースコンテナイメージは、ロードバランシングが組み込まれた高可用性clusterとして構成できます。もう一方のコンテナは、EDB Postgres™Backup and Recoveryで事前設定されています。これらのコンテナは、EDB Postgres™プラットフォームの導入に非常に弾力性の高いエンタープライズクラスのデータベース・ソリューションを提供します。

次に、私たちは、顧客の方々と密接に協力して、コンテナを効果的に活用して、大きなモノリシック・サービスappからマイクロサービスに移行するためのベストプラクティスを共有します。私たちは、多くの顧客の方々がこの目標を達成するのを手助けしてきました。そして、このテーマに関する私たちの知識は、多様な顧客環境の中の現実の経験を通して得られました。あなたは1頭のゾウを1,000匹のウサギに変換するように頼まれたことはありますか?私たちがそれをお見せしましょう。

最後に、私たちのArchitectural RoadmapとSolution Blueprint Serviceを通じて、あなたの環境に合わせてカスタマイズされた青写真を設計する際に、現在の場所から取得する方法、データベースが大規模で遅く、扱いにくい世界から、小規模で、効果的で、迅速な導入が新しい標準である世界について、手助けすることができます。

詳細については、このビデオを見てから、私たちにご連絡ください。

Marc Linster博士は、EnterpriseDBの製品開発担当のシニア副社長です。

 

marc.linster_enterprisedb.com's picture

Before joining EnterpriseDB, Marc spent almost 4 years at Polycom, the leading maker of video communications equipment, focusing on the Services Supply Chain, Business Intelligence, Customer Data Management and Cloud Solutions. Prior to Polycom, Marc led a supply chain consulting and systems...